AGA治療とは?

一人ひとりの髪の毛や頭皮の状態に合わせて内服薬や外用薬などの治療を行い薄毛の進行を食い止め発毛を促進します。

AGA治療と植毛について比較してみた

薄毛の初期段階ならAGA治療がおすすめ

AGAがかなり進行していると様々な治療を試みても発毛できる環境に導けない場合がありますが、AGAの初期段階であれば治療次第で、かなり高い確率で薄毛の進行を食い止めて発毛を促進させられます。また、初期段階であれば効果も表れやすく頭皮への痛みや金額的負担も少なめです。

短時間で豊かな髪の毛が手に入る植毛

AGA治療にはある程度の効果が見られるようになるまで約半年前後の期間がかかりますが、植毛は短期間で髪の毛の量やボリュームをアップできます。しかも、カツラのように不自然に見えることもなく、温泉やプールに入っても取れる心配がほとんどないので薄毛を気にする必要がなくなります。

気になったらすぐに病院に行くのがベスト

髪を触る男性

ごく初期のAGAであれば自覚できないかもしれませんが、大幅に減少してくれば誰でも実感できるはずです。そんなときはセルフケアで対策をする手段もありますが、AGAの進行をいち早く食い止めるためには病院で治療を受けるのが得策です。ニキビや炎症などの皮膚疾患は、何もしなくても忘れたころに治ってしまうケースが多々ありますが、同じ皮膚疾患でもAGAは話が違ってきます。男性型脱毛症という皮膚疾患であるAGAは、着実に進行する性質があるためです。進行を放置してしまうと、ますます頭皮が透けて見えてきて、やがてほぼツルツルになってしまいます。だからこそ自覚したときがAGA治療を受ける最高のタイミングというわけです。AGAだと診断されればすぐに治療が必要ですし、なかには別の脱毛症だと診断される人もいます。AGA治療では5α還元酵素を抑制することが要になりますが、脂漏性脱毛症だと診断された場合は過剰な皮脂を抑えていく必要があるわけです。間違ったセルフケアをしないためにも、病院で脱毛症の種類を特定してください。

発毛を期待できるのが一番の魅力

カウンセリングを受ける男性

発毛という言葉はメディアを介してよく発信されますが、AGAの場合は発毛させるのが容易ではありません。育毛は今ある髪を守るための対策であるのに対して、発毛はより増やすことを指しているのです。しかしセルフケアで発毛をさせるのは困難で、発毛剤を使用してもほとんど増えなかったという話は少なくありません。それに対して病院のAGA治療では高確率で発毛させられるので、結果的に目的を果たせるだけでなく、発毛治療費を抑えられるわけです。セルフケアは病院治療より安価に抑えられますが、肝心の髪が増えなければ意味がありません。効果を得られないことに対してお金と時間を使うのは合理的とは言えないでしょう。それゆえ多忙な生活を送っている人、AGA治療費を抑えたい人ほど病院に行く必要があります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中