HOME>特集>治療方法は外用薬と内服薬によりアプローチする方法が一般的

治療を受けられる場所は限定されている

カウンセリングを受ける男性

育毛サロンに行ってもAGA治療を受けることはできないので、治療を希望する人は必ず医療機関を活用しましょう。治療は医療行為に属するので、美の提供が目的であるサロンでは行えません。AGA治療は皮膚科、もしくはAGAなどの薄毛に特化した医療機関でのみ受けられます。AGA治療の内容は各院によって大きな違いはなく、外用薬と内服薬により身体の内と外からアプローチする方法になります。

長期的な通院を考慮して安さで選ぶ

髪を気にする男性

AGA治療は数回の通院で完了することはなく、少なくとも6か月以上はかかると考えてください。年単位で通院している人も多いので、長期通院を考慮して医療機関選びをしましょう。例えば内服薬の月額料金を比較しても、医療機関によって数千円も異なってくるケースがあるわけです。安価なところでは9,000円、高価なところでは12,000円などと大きな差があり、これは自費診療という事情により発生する問題です。薬物療法による治療を選択する場合、医療機関の技術力はほとんど問われません。1日2回の外用薬の使用、さらに1日1回の内服薬の服用という治療方法になります。処方してくれる薬剤が同じであれば、治療費が安価な病院を選ぶのが基本です。

広告募集中